2008年09月22日

北野武×ビートたけし

芸能の世界なんてのは新しがりのくせに妙に伝統的で、要は一番いい加減で最底辺だから、むしろ伝統をありがたがるっていうか、信じていないくせに身を添わせちゃう。そういうことが無意識に相変わらず行われているから駄目なんだと思う。 どうせ芸人なんだから、あらゆることを好きなようにやり好きなように言ったほうがいい。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

コントの間とかリズム感とかの点でいうと、これは凄いリズム感ででき上がっているっていうギャグがあってさ、その代表的な例が植木等さんの「お呼びでない」ってやつ。パーッと出ていって、パッとシラケやって、「お呼びでない、こりゃまた失礼致しあした」っていうだけなんだけど、その間のとり方がすっごく心地いい、笑いの心地よさなの。(略)植木さんのあの落とし方はタイミング的にも非常にうまい。至芸のひとつ、一生もんだよ。

本こんな時代に誰がした!

CDクレージーキャッツ メモリアル DVD-BOX
posted by BB at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 偉人・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

北野武×ビートたけし

「芸人は親の死に目に会えない」って決まり文句があるけどさ、会いに行かないタイプのやつが芸人やるんだよ。「死に目に会えないけど、芸のほうが大切だ」なんて無理してやっているわけじゃなくて、それがすんなりできるやつらが芸人になってる。 「親父が死んだよ」っていわれてガーンと来ても、漫才がちゃんとできちゃって、終わってから、「じゃあ、死に顔でも見に行くか」と思っても、「ちょっと待て、死んじゃってから行ってもしょうがないか」って思えちゃう性格、そういう性質じゃないやつは芸人をやらないほうがいい。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

北野武×ビートたけし

よく女優とか女のタレントが、「仕事と家庭を両立できない駄目な私です」とかいって涙の記者会見をやっているけどさ、女優なんかやってたら家事なんかできるわけない、当たり前だよ。女優をやろうって根性が初めから家事を投げてるじゃねえか、それでまだ家庭を持とうなんて図々しいこというんじゃねえっての。そんな欲の皮突っ張ったことやろうなんてとんでもないよ。女優やるってことは河原者なんだから、しょせんはさ。 芸で金もらって、家庭があって、幸せで、ダンナと子供がいて、そんな3つも4つも手に入れようなんてするなって、スーパースターじゃないんだから。 あれこれ欲しい上に仕事で当たりたいわけだよ。虫がよすぎるぜ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

芸能界にいるやつで家庭好きとか子供の教育好きなんてのはありえないんだよ。 ましてやコメディアンで売れているやつにすれば、子供の教育を真面目に考えたらコメディアンなんてやめなきゃいけないよ、バカバカしくて。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

フランス座に何年もいて下積みやっていて、体を壊さないでよく続けられたなって思うね。芸人仲間のかなりのやつが肺や肝臓やられたし、なかには死んだやつがいたし。 あの頃のオレの写真、見たくもないけどたまに見ると、げっそり痩せてほとんどシャブ中って顔してるもんな。 みんなと同じ生活をしていて死ななかったってことは、やっぱり強い体質ってことかな。昔は、アル中のストリッパーとかがいっぱいいたし。 浅草のストリップ小屋の世界を郷愁とか滅びの哀感とかのトーンで書く人がよくいるけどさ、実際は書かれてある以上にひどく悲惨なものだから。妙なロマンで色付けして書くのはよくないよ。周りから見るのと、芸人として生きた本人とはまるで違うんだから、周りのやつの思いを押しつけるのは失礼だって。

本こんな時代に誰がした!

本浅草キッド

本浅草フランス座の時間
posted by BB at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

踊り子が踊っている時は冷静に見てるんだけど、「それっ」って感じでコーマンを見せられると、冷静さのレベルを越えちゃって、みんなが息を飲んだように「シーン」とするんだ。 これは時代と世代を越えたもんだってのはよくわかるね、アソコだけは。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。