2008年09月24日

北野武×ビートたけし

野球の監督も土木現場の監督もいるけど、映画の監督の場合、運の要素ってのがほとんどない。"筋書きのないドラマ"であるらしい野球の監督は最高の采配した時でも負けることはあるし、その反対の場合もあるし、要するに運や偶然に頼る割合がけっこう高いんだけど、"本物のドラマ"の映画監督は、実力がありのままに結果に出ちゃう。それがおもしろい。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

今までにいろんな島に仕事で行ったけど、セブ島なんてひどいもんだぜ。なにかっていうと「金をくれ」だもん。要するにマルコス程度の独裁者がいないと治まらない国の島だよ。どうしようもない。大統領が英語で演説するぐらいでさ、文化が根こそぎなくなっている。 日本だって敗戦でアメリカ文化が入って根性はフィリピンと同じになったんだけど、高度成長のおかげで隠されていて、このまま経済破綻が進んで貧乏になった瞬間、セブ島の連中と同じだってのが一気にわかっちゃうぜ。臆面もなく「金くれ」だよ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

北野武×ビートたけし

ジャズミュージシャンの薬好きってのもパターンがあって、チャーリー・パーカーのひそみにならって自分もってやつが多いけど、パーカーなんてのは自分の中で戦いがあって薬を打たなきゃしょうがないから打っているんだよ。戦いもロクにしないで打っちゃうから単なる薬好きで終わっちゃう。

本こんな時代に誰がした!

本チャーリー・パーカーの伝説

CDCharlie Parker with Strings: The Master Takes
posted by BB at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

この間大阪の落語家がアル中で死んじゃったでしょ。客にウケなくても評論家なんかに、「あいつの生活はだらしなくて、本当の落語家だった」っていわれたりして、死ぬところまで突っ込んでいっちゃう。必然的にそうなったんじゃなくて、形から入って突き詰めると目も当てられないことになる。 芸人ってのは酒飲んで女はべらしてるもんだと思うやつが多いんだ。その形じゃなくて、必然的にしょうがなくてそうなっちゃうってのじゃないとね。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

やっぱり、怨念ばかりを売り物にするようなのにロクな役者はいないね。そういうのが得意な人ってよくない。ドロドロしたものはいつも持っているんだけど、出ていく時はサラッとしてる人が一番いいんだ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 役者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

昔、オレがよく客前でチンポをなぜ出したかっていうと、最低になるためなんだ。最低にならないと駄目。気取りを全部剥いじゃう。 そうすると、完全にパニックになるわけじゃないけど、神経ビリビリして、片っ方の神経は逆に醒めるっていう妙なバランスなんだ。役者もそうだと思うけど、客もノッて自分もノッてはいても、それを見ているもう一個の目がないと駄目なんだ。 そういう訓練というか持って生まれたものというか、それがないといい芸人にはなれないかもしれない。まあ、鈍感なやつは何をやっても駄目だけど。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

北野武×ビートたけし

昔暴走族で、今改心して普通のサラリーマンやってんですって、ちょっと見には偉いようだけど、それはとんでもないことでさ、そいつに殴られたり血を流したり腕折られたりしたやつらの怨念が残っているわけだよ。その怨念のためにも続けなきゃ。 そうじゃないと、殴られたやつにどうお詫びするんだって。殴ったやつみんなに殴られてからサラリーマン始めるんならいいけどさ、散々悪いことをやった挙句、「辞めました」っていったって偉くもなんともない、とんでもないよ。偉いやつは初めから普通にやっているわけだから。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。