2008年09月29日

北野武×ビートたけし

女の場合、外からはよくわからないところがあるけど、ポコチンは隠しようがないからな、AVの生々しさってのは万難を排して立ち上がったポコチンが支えてるのかもしれないぜ。御苦労さん。

本こんな時代に誰がした!

posted by BB at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 性風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

AVとストリップはまるで違うものだよ。ストリップは舞台の上で、照明だメイクだ踊りだっていっていろいろ作り上げるわけで、技術の積み重ねがあるんだけど、AVは夜店のテキヤに近い感じだね。 AVでメイクといっても困るだろう。だって、コーマンをメイクしたとかポコチンをメイクしたってしょうがねえだろうし、カラフルにメイクしたポコチンを舐めろといってもネエちゃんが困るだけのことで、キレイでもなんでもない。

本こんな時代に誰がした!

本ストリップ芸大全
posted by BB at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 性風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

北野武×ビートたけし

どうせならクサヤや納豆のような監督になればいい。クサヤや納豆は関西ではまるで人気ないけれど、好きなやつにはたまらない大好物、それに徹すればいい。

本こんな時代に誰がした!

posted by BB at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画監督(心技) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

オレの映画ってのは絵としては淡白でさ、重厚な絵ってのが撮れないんだ。大島渚監督なんか、例えば「戦場のメリークリスマス」を見直すと、いかにも重厚な絵があるよ。オレにはとても撮れない絵で、ダルいんじゃないかって感じがするんだけど、その重苦しさがやっぱりちゃんとしているんだ。大島監督は頭のいいエリートでオレにはないものがあって、やっぱり大したもんだと思うね。

本こんな時代に誰がした!

CD戦場のメリークリスマス
posted by BB at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画監督(人物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

今作っている映画でも、役者にいうのはなるべく演技しないでくれってこと。悲しい場面でも、悲しいんだろうなって客が推測するくらいで丁度いい。なにしろ客がいろいろ好きな色に塗りたいって思っているんだから、映像は塗り絵になっていれば十分なんだよ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画撮影技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武×ビートたけし

バーチャルリアリティってのが若いもんの間で流行っているらしいが、あれって人間が完璧なものだったらゲラゲラ笑っちゃうようなシロモノでしょ。ところが、「いやあ、おもしろかった、怖かった」ってみんな喜んでいる。人間の感覚なんてものはそのぐらいいい加減なんだよね。客のほうが自分に都合いいように勝手に想像してくれる。そういう手前勝手のノリがないと映画なんてものは成り立たないんだよ。音楽で刺激され、映像で刺激されて客が泣いてくれる。全部ウソだよ。オレみたいなヘソ曲がりは、この役者、ひどく臭い芝居なんかやりやがってと思うから醒めちゃうけど、客のほうは金を払って、この野郎、わざとらしく泣きやがってなんてことは思わないでしょ、(略)映画の作り手としては、そういう客の期待を壊さずに楽しめるネタを与えてあげればいいんであって、それ以上のものを与えてやるのはよくないんだよ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画撮影技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

北野武×ビートたけし

銃の発砲シーンを撮っている時に、血ノリのことでイライラしたことがあったんだよ。男が撃たれて壁に血ノリがついて、何カットも撮っているうちに血が乾いちゃう。で、小道具さんが何回も塗り直そうとしてくれる。中断しちゃう。こっちとしては役者のこの顔で早くいきたいのに、「スミマセン、ちょっと血ノリが」ってことになる。 仕事熱心なのはわかるけど、もし絵になった時に血ノリが乾いているかどうか気がつくようだったらそのシーンは撮らないほうがいい。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画撮影技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。