2008年08月27日

北野武×ビートたけし

スポーツ選手も芸人もそうだけど、自分の仕事の勝ち負けをいつも人前に晒してる奴は強烈だよ。

本おまえの不幸には、訳がある!―たけしの上級賢者学講座
posted by BB at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

北野武×ビートたけし

感情というのは抑えるのが当然なのに、解放するのがいいって風潮になってしまった。素直だとか、子供のような心ってのが誉め言葉になってるしね。 でもそれは、単にガキってことだろう。子供らしいなんて、本当はよくないことなんだよ。

本おまえの不幸には、訳がある!―たけしの上級賢者学講座
posted by BB at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

北野武×ビートたけし

幸運に巡りあえるのは、「俺は他人と違う」とか言ってる奴なんかじゃなくて、もっと普通の人間、一般常識の中に埋もれちゃってるような奴だっておいらは思ってる。 だって、一般常識の中に身を置こうとする努力してるのは、バネを押してるようなものなんだよ。物理学の反作用と同じで、飛び出すエネルギーをためているような状態。 おいらだってそうだった。 とにかくみんな知ってる通り、世間の常識や躾にうるさい家で、もうぐんぐん押し付けられてるような状態だった。 だからポーンと弾けたとたんに、言っちゃいけないことまで言えたんだね。 言っちゃいけないことがなぜ言えるかというと、それは「言っちゃいけない」という常識をよく知ってるからだよ。それを知らなければ、スレスレの位置関係はわからないから。一時期、不条理劇なんてのがもてはやされた時代もあったけど、条理があるから不条理があるんだよ。 戦後の日本人はどうもそのあたりを勘違いしているような気がする。 個性豊かにとか、人と違うことをやろうとかね。 そういうのが実は一番つまらない奴だってことに、どうして気が付かないんだろう。 常識も常識、偉大なる常識人こそが一番危ない人間なんだって。

本悪口の技術
posted by BB at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

北野武×ビートたけし

人間ってなぜか、脱ぐのは何ともなくても、着るのは恥ずかしいらしい。ストリッパーも舞台では絶対に脱いだパンティを穿かないからね。 セックスでも、終わった後、パンツを探したり、コンドームを外したりするのが一番恥ずかしいもの。

本悪口の技術
posted by BB at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

北野武×ビートたけし

人間、つまるところは食ってウンコしてコーマンして死ぬってものであって、今も昔も何ひとつ変わらない

本こんな時代に誰がした!



posted by BB at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

北野武×ビートたけし

生きるにしろ死ぬのにしろ、この世の人間ってのは根本的な意味がないから生きていられるんだと思うね、つくづく。存在理由なんてないの。人間の生き死にと世界があるってこととはまるっきし関係ない。

本こんな時代に誰がした!



posted by BB at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。