2008年09月03日

北野武×ビートたけし

戦後の日本はある意味で(略)マルクスが理想とした社会を目指してしまった。それがいけなかったんだ。 やっぱり平等は平等でも、やや低いレベルでの平等が一番いい。努力すればそれ以上のものが手に入り、努力しないと手に入らない社会。 終戦直後から高度成長までの日本はそういう社会だったはずだよ。 ちょっと頑張ればメロンが食える。8分の1のメロン。で、もっと頑張ればメロンを半分食える。 初めてメロンを半分食った時の感動ったらなかったなあ。 みんなあの頃が一番よかったと思っているんじゃないの。

本悪口の技術
posted by BB at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

北野武×ビートたけし

「もう自由は沢山、自由を返すからみんなに幸福平安な生活が欲しい」って気分が蔓延しているってのが今なんじゃないかね。 自由を与えるかわりに何もしないって神は残酷で厳しい存在なわけで、今の人たちは自由に潰されちゃっていてさ、一言でいうと、非常に疲れていると思うよ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

北野武×ビートたけし

今までにいろんな島に仕事で行ったけど、セブ島なんてひどいもんだぜ。なにかっていうと「金をくれ」だもん。要するにマルコス程度の独裁者がいないと治まらない国の島だよ。どうしようもない。大統領が英語で演説するぐらいでさ、文化が根こそぎなくなっている。 日本だって敗戦でアメリカ文化が入って根性はフィリピンと同じになったんだけど、高度成長のおかげで隠されていて、このまま経済破綻が進んで貧乏になった瞬間、セブ島の連中と同じだってのが一気にわかっちゃうぜ。臆面もなく「金くれ」だよ。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

北野武×ビートたけし

雑誌なんかのチンドン屋が「個性、個性」と叫んでいて、読者がその気になっちゃっているけど、ほとんど没個性の時代になっていることに気づかない。 もう野球じゃなくてサッカーの時代だっていった途端、そいつが個人の顔をなくしちゃっているんだから大笑いだよ。

本こんな時代に誰がした!



posted by BB at 19:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。