2008年10月01日

北野武×ビートたけし

役者・俳優とお笑い芸人との関係でいえば、昔は役者のほうが圧倒的に上にいたんだな。ところが、今やいろんなお笑い役者が映画やドラマで主役をやっていて、俳優専門芸人がサブに回っちゃう。お笑い芸人からすれば、「ざまあみやがれ」ってなもんで、演技の面でもヒケをとらないどころか逆に、演技力があるって評価されたりする。そういう逆転ってのは、上下の位置関係が生んだ反発力の結果みたいなもんで、下にいたお笑い芸人が「一回、ひっくり返してやろうか」って気になったわけで、またいずれ優秀なやつが現れて、役者がお笑い芸人の今の位置を奪っていくんだろう。そういう行ったり来たり。 つまり、金がジャンジャン稼げるって動機づけと、位置関係が下にあるっていう抑圧があるポジションに、進化の生長点みたいな活力が集中的に現れてくるってことなんじゃないかね。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 16:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107421630

この記事へのトラックバック

北野武Wiki
Excerpt: 北野武Wiki
Weblog: ビートたけしの「浅草キッド」ファンブログ
Tracked: 2008-10-21 18:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。