2008年09月26日

北野武×ビートたけし

銃の発砲シーンを撮っている時に、血ノリのことでイライラしたことがあったんだよ。男が撃たれて壁に血ノリがついて、何カットも撮っているうちに血が乾いちゃう。で、小道具さんが何回も塗り直そうとしてくれる。中断しちゃう。こっちとしては役者のこの顔で早くいきたいのに、「スミマセン、ちょっと血ノリが」ってことになる。 仕事熱心なのはわかるけど、もし絵になった時に血ノリが乾いているかどうか気がつくようだったらそのシーンは撮らないほうがいい。

本こんな時代に誰がした!
posted by BB at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画撮影技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107189011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。